【アーユーレディ?】土星・冥王星コンジャクション ~破壊と再生、新しいいのちの世界の「認知」と「使役」

もう占星術好きの間では

去年から話題になっていますね。

1月12日をピークとした

土星と冥王星の会合、コンジャクション。

これはとても強烈で、かつ現実的な影響の強い変化をもたらします。

ピカ~~っと☆彡

冥王星は太陽系の外から新規のものを持ち込み、

これまでのものを有無を言わさずに破壊して

新しいものへと変化させます。

また、土星は3次元における枠を規定し、

それを現実に出現させ、その時々の土台を作ります。

それが土星のホームである山羊座で、

23度で重なるのが今回のコンジャクション。


社会的基盤の破壊と再生

後戻りできない宇宙的な変化

システムや政権の崩壊

などが考えられる配置です。

「目に見えて変わる」というのがミソで、

去年が外枠が大きく変わる流れであったのに対して

今年は実際の中身の変化がはっきりと出てきそうです。


そして今回のコンジャクションは

山羊座22度に太陽、

土星冥王星とまったく同じ23度に無償の母性を表す小惑星セレス、

24度に水星と、

惑星がものすごい密度で密集しており、

社会だけでなく、同時に私たちの内面にも大きな変化を与えます。

実際に、今政治状況や社会情勢も慌ただしいですし、

経済の先行きもどうなるのか見通しが立ちません。

ここからますます実際に

これまで世界を回してきた基準となる枠が崩壊し、

それに伴う混乱が続いていくかもしれません。


でも、たぶん、

ここから一番顕著に変わるのは

私たちが「生きていく足場」だと思っていた認識が変わることです。


「生きていくために必要だ」と思われていた足場

「こうしなければ、心も体も満たされないんだ」

と私たちを規定していたもの

それが、怖れに囚われた狭い範囲から解き放たれて

私たちは何のために

ともに生きているのかということを思い出す


これまでの山羊座の意味が宇宙によってひっくり返されて

本来の母性を取り戻します。

「使役」の意味が変わる

私たちは奴隷のように永遠の生産のために働くのではなく

愛する人たちとの、心満ちた暮らしのためにすべきことをする


そのために私たちは一度、敗北を認める


かつて理想だったもの、これがあれば満ち足りると思っていたものは

自分をすり減らすばかりで、本当はちっとも欲しいものじゃなかった

私たちは怖れと欲に囚われていた

だからぜんぜん、何がほんとに大切なのかは見えていなかった


負けを認めて、自由になるところから

本当に命を満たす生き方へと踏み出していく。

そして、負けを認められるのは

今この先にもっと大きな希望を見いだせているから。


世界が違って見える

自分の考えることが変わる

同じように体をもって生きながらも新しい世界に移行していく

本当の意味で、心身と命を満たす生き方へと

そんな私たちの根源的な、集合意識の変化が

実際の現実も目に見えて変えていくでしょう。

外側の変化も多々あるかもしれませんが

私たちの日々の中にあるのは、

まず何よりも自分たちの心と、実際の暮らし、そしてともに生きる人たち。

なので、私たちが星とともに変わるとしたら、やっぱりそこから。



さて、長くなりますが

ここからは全体的なホロスコープから読める

このタイミングでご自分の中に落とし込んでいただけたら、

というイメージをお伝えしますね。

自由に開いた心で、

この先の世界を受けとめることが出来ますように!


【崩壊していくものと、生まれていくもの】

まず、今回の配置で何より大きいのは
「ここから目に見えて崩壊していくものと生まれていくものがはっきりする」
ということですね。

土星と冥王星の合は
大きな枠組みの根本的な変化を表しますが
そのサイクル自体は35年に1度とそんなに珍しくはありません。
ですが冥王星が発見されたこと自体が90年前で
私たちが意識的にこのエネルギーを認知することが出来るようになって
まだ間がないのです。

冥王星のサイクルは約250年。
私たちは、世界大戦のような体験を経たことで
250年先の未来を考えられる知性を持つようになったのだと思います。

250年先にもちゃんと続いていける社会的なシステムは何か?
今回、土星・冥王星に、無償の母性であるセレスがぴったり重なっていることで
それは自然のサイクル、命のサイクルが続いていくことを願う仕組みへと
移行していくのだろうと思います。

ヒステリックで恐怖に囚われた社会システムから、
命の循環を受け入れた柔らかく受容的な生き方へ。

このコントラストはどんどん強くなっていくでしょう。

そしてたぶん、私たちはどちらで生きるか
自由に選ぶことができます。


【認知やコミュニケーションがより宇宙的でグローバルなものへ】

今回、土星と冥王星の合に、太陽と水星も重なっていて
私たちの「目的意識」と「認知やコミュニケーション」も
大きな宇宙からの変化に強制的に巻き込まれていくようなイメージがあります。
ものの見方が大きく変わるでしょう。

これまでの経験則からものを見るようなかたちではなくて
直観的なもの、実感を伴うもの、先の大きなビジョンを見越したものになりそうです。
穏やかに、相手のエネルギー状態を判断するような
冷静かつバランスの取れた、一段レベルの高い認知能力を持つ人が多く現れそうです。


【個性に基づく専門性を、いのちをつなげていく社会的スキルヘ】

先ほど取り上げた水星は山羊座24度「修道院に入る女」にあり
専門性を学ぶこと、高めること、
世俗を捨てて精神的なもののために生きるというエネルギーをまとっています。

これが山羊座23度「戦闘での勇敢な行為によって2つの賞をもらう戦士」にある
土星と冥王星にエネルギーを受けるため
個々のスキルや精神性が、
より現実的な世俗的な働きに還元されるイメージがあります。

また、天王星も牡牛座3度「開花したクローバーの芝に自然な歩みで入りこむ」
というシンボルにあり
「生まれ持った資質に相応しい生き方へと自然に入っていく」
というエネルギーをまとっています。

なので、これまでの社会に規定された特定のスキル以上に、
「根源的な生まれ持った自分の特性を
 新しくやわらかな世界でどう生かすか」
ということをしっかり意識するとよさそうです。

たとえば今、裸で違う場所に行っても(笑)
「私ってこういうタイプでこういうことが得意だから、
  ここでもこんなに風にみんなと助け合っていこう」
と思えるようならばっちりですね!

私ならやっぱり言語化すること、ご飯をつくったり自然療法的なことかな~
自分を生きて、自分のホロスコープを知る方なら
きっとみんな今大丈夫でしょうね(#^^#)

ここからの世界は、みんなで得意なことを持ち寄って
力を合わせて作っていくことになるのでしょうね。

【母性と大地のリズムの復刻】

土星という「枠」や「時間」を規定する惑星が
冥王星やセレスと合体(?笑)するということは
土星の性質そのものが変わってしまうような、そんなイメージもあります。

何人かサイキックな能力の高い友人から
「地母神」「ガイア」というイメージが今強く湧く、と教えてもらったこともあって
個人的には
「暦や時間の感覚がより自然や宇宙寄りになる」
「人々の中の母性が目覚め、先へとつながる選択のために強い力になる」
のではないかと思っています。

自然をコントロールするのではなく、
受け入れながらしなやかに同調して現実を創造していく。
そんな新しい「山羊座」「土星」がまさに今生まれつつあるのかもしれませんね。

☆彡

それから、魚座海王星が
それぞれの個性の復活を祝うパレードの度数にあったり、
水瓶座の金星が根本的な生まれ変わりのシンボルにあったり
月は獅子座で錬金術の度数にあったりと、
とにかくこの土星冥王星コンジャクションは
新しい創造や復活を新しい感じさせるものが多いのですが

根本的に

本来の自分をあたりまえのように取り戻すこと

それを愛する人たちとの日々のために現実に使っていくこと

何を信頼すべきか?何に判断の基盤を置くのか?ということを

より長いスパンと広い視野で考えてゆくこと

そうすることで
おそらく私たちはもっとずっと大きな意味で
自分を物理的な意味でも精神的な意味でも満たして行ける。

ここから外側がどうあろうとも。

自分の中にある柔らかい気持ちと、自然を信じてゆこう♡

ではでは、ここしばらくぜひ意識して
宇宙パワー全開!の惑星たちのエネルギーを受け取ってみてくださいね♡

ボリューミーな記事にお付き合いくださりありがとうございました!

改めて今年もよろしくお願いいたします♡

星と香りのStudio Tipi

by Akiko Hirao 占星術×アロマテラピーの 遊び場で学び場☆彡 星と香りで もっと自然でもっと心地よい 新しい生き方へ☆

0コメント

  • 1000 / 1000